特定非営利活動法人 ミモザ

地域で暮らす障害者のために

特定非営利活動法人 ミモザ

理事長挨拶

理事長 山本 弓彦

皆様、はじめまして。特定非営利活動法人ミモザ理事長の山本と申します。
ミモザのホームページをご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

私たちは「地域で暮らす障害者のために」を理念として、障害をお持ちの方への様々な支援を通じ、その方が望んだ幸せな生活を地域の中であたりまえにおくれる、そんな社会の実現を目指しています。そして、その目標を達成するため障害をお持ちの方がその人らしく生活をし、やりたいことに挑戦できるようにさまざまな場面でサポートしています。

私たちの活動は、西東京市内のアパートで作った七部屋のグループホームから始まりました。障害をお持ちの方が、“地域”で一人暮らしをしていくうえで直面するさまざまな課題に取り組むとき、そばで「共に考え」「話し」「支える」そんな存在になりたいとの思いからスタートしています。
このとき私たちがこだわりを持ったのは、日本の社会の中で障害者が「自らの力で一人暮らしが出来る」にもかかわらず、病院や施設に隔離されてきた歴史があるからです。また現在でも、障害を隠すためにご自宅に閉じこもったり、働きに出られなかったり、といった社会との隔絶を余儀なくされている方が多くいらっしゃるからです。私たちは、そういった方々が、社会の中で、誰に気兼ねすることもなく暮らせるようになってほしい、という想いを持っています。
私たちは、相談支援事業所、就労継続支援B型(いわゆる作業所です)、地域活動支援センターなどさまざまな事業を展開しております。
いずれも“地域”の中で利用者が望む生活を実現するためには、それぞれが必要なものと考えサービスの充実を図ってきました。
今後も“地域”で暮らすうえで障害をお持ちの方が必要とするサービスを増やし、また新たに創造していくことで、障害当事者とその家族だけではなく、地域住民の皆様にも住みやすい、より良い社会の実現に寄与していきたいと考えています。

これまでの私たちの活動は、多くの方のご理解とご支援が無ければ実現できなかったものです。この場をお借りして、深く御礼を申し上げます。
これからも、さまざまな場面で皆様のご助力をお願いすることになるものと存じます。ご協力とともに、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

お問い合わせはこちら

障害者支援を考える企業様へ

ミモザでは障害をお持ちの方への就労支援、社会参加を目的とした軽作業などを行っています。軽作業などの発注が可能な企業様にご支援をお願いしています。

詳しくは>>

事業所一覧

ページのトップへ戻る